【STEAM教育】算数はなぜ勉強するの?オーストラリアの先生談

英語

今回は算数をなぜ勉強するのか、ということについてオーストラリアの先生が話されていて、印象に残っていることについて書きたいと思います。

質問者
質問者

算数はそもそも何のために勉強するのでしょうか?

あみ
あみ

オーストラリアの先生が素敵なお話をされていたので、

紹介させていただきますね!

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活26年目。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

オーストラリアの小学校の算数

子供たちがオーストラリアの小学校に通っていた時に、算数に力を入れている年があり、親の意見のフィードバックがほしい、ということで、算数の強化に取り組んでいる先生方と20名ほどの親が集まり、小学校の算数への取り組みについて話し合ったことがありました。

その時に算数の強化チームを率いる先生が、小学校で算数に取り組んでいる理由を説明された時、衝撃を受けました。

算数を通して子供たちに教えているのは、『人生で何か問題に直面した時、何通りもの解決方法がある、ということを教えているのです』とお話されていました。

とても素敵な考え方で、感銘を受けました。

問題解決能力

これからはますます、問題解決能力が求められる時代になりますよね。

問題に直面した時に、解決方法は1つだけではないことを、小学生の内から学んでおくことはとても重要なことだと改めて感じました。

How to Teach Kids Better Problem Solving | Michael Arnold | TEDxGreenville

正解がない問題に取り組む思考力を育む

スマホからあらゆる情報にアクセスできる現代。

情報、知識を使って、どのように諸問題を解決することができるか、という思考力が求められますよね。

今、世界の学校教育の主流は「ソフトスキル」に移行しつつあります。

教科書を読めばわかる知識を教えることよりも、

答えのない問題にどう取り組むべきか、

考える技術を教えることが、

学校の役割だと考えられているのです。

考え方の育て方

コロナの影響もあり、これからITを活用した学習がますます加速することになりそうですね。

公立の数学の授業を見て感じた「悲惨さ」の正体 | 子どもを本当に幸せにする「親の力」
コロナ禍をきっかけに、私たちの生活や仕事などいろいろな面で見直しが行われている。この機会に、小中学校の授業のあり方も見直す必要があると思う。なぜなら、日本でずっと行われてきた授業スタイルの“限界”が…

『こころ』が大事 【秘伝 算数ができる子になる】

朝倉算数道場を主宰されている朝倉仁さんのご著書『秘伝 算数ができる子になる』で特に印象に残ったのは試行錯誤の大切さです。

「こうすれば必ずうまくいく」という方法なんて存在しないのです。

でもママたちは、だれかがうまくいった成功例を、そのまま我が子に当てはめようとするんですね。(中略)声を大にして言いたいのは、わが子だけに通用する成功法則が存在するから、他人の成功例を無理強いしてほしくないということなんです。ただ、それを見つけるには、わが子の失敗を許す寛大な心と、何度でもチャレンジさせていく忍耐力が必要です。

秘伝 算数ができる子になる 朝倉仁氏

算数を通して問題解決能力を育む、試行錯誤が大事

✅問題解決能力は年齢を問わず必要な能力

✅試行錯誤しながら成長していくことが大事

ブログに寄っていただき、ありがとうございました。

Take care!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました