育児と教育についてのTEDトークで英語学習【イギリス在住TOEIC満点ママ】

こどもたち英語

子どもたちにとって何が幸せなのでしょうか?

最近、自己効力感や自己肯定感というキーワードをよく聞くようになりましたよね。自己効力感は「自分ならきっとできる、そしてうまくいく」と信じることができること、自己肯定感は「自分には価値がある」と認めることができることだそうです。自己効力感は認知、自己肯定感は感情とのことだそうで、どちらも育んでいけたらいいですよね。

今回はそのヒントになるTEDトークがありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活 約30年。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

子供時代に必要なこと

子育ての最終目的は一流大学に入れること?

子供の幸せとは?

人生で何が一番大切なのか、ということことについて考えさせられます。

How To Raise An Adult

社会に出てから必要な立ち直る力とやり抜く力(レジリエンスとグリット)を育んでいけたらいいですよね!

Julie Lythcottさんのご著書

日本語にも訳されているようです。

アイビーリーグの大学を目指すアメリカの高校生

アイビーリーグの大学(ブラウン大学、コロンビア大学、コーネル大学、ダートマス大学、ハーバード大学、ペンシルベニア大学、プリンストン大学、イェール大学)を目指すアメリカの高校生の様子を描いているドキュメンタリーです。

アメリカの大学受験の様子を垣間見ることができて、とても興味深かったです。

\Try Harder/
/DVD\

早期教育について考えさせられるTEDトーク

Tiger WoodsやRoger Federerなどの例に触れられていてとても興味深いです。

子供達が必要なスキルについて

子供達にとっても必要なスキルについて考えさせられます。

\戦略子育て/
/3つの力\

The Myth of Average: Todd Rose

ホームレスからハーバード大学へ

ホームレスだったLiz Murrayさんがハーバード大学に進学するまでにどのようにマインドセットを変えられたか、というお話をされています。自分の可能性を信じて行動し続けること、そしてチャンスをしっかりと掴むことの大切さについて考えさせられます。

New moment, new opportunity!

Liz Murray, TEDxYouth, San Diego
\Breaking Night: A Memoir of Forgiveness, Survival, and My Journey from Homeless to Harvard/
/Liz Murray\

失敗を恐れずに挑戦し続けることが大事

Denzel Washingtonさんの『失敗を恐れずに挑戦し続けることが大事』というメッセージは子どもたちにも伝えていきたいです。

育児、親が子に与える影響、まわりの環境について

親が子に与える影響、まわりの環境が子に与える影響について、心に響くメッセージでした。

成長することができると信じる力

Carol Dweckさんの”Mindset”という本は、成長マインドセットについて書かれていて、繰り返し読みたい1冊です。

\Mindset/
/Carol Dweck\

マインドセット

日本語にも訳されています。

\マインドセット/
/キャロル・ドゥエック\

子供達のモチベーションを高めるにはどうしたらいいか?

どうしたらいいのか、気になりますよね!

自信を育むことの大切さについて

自信を育んでいくことがいかに重要か、ということについて話されています。

Aha体験を通して学びを楽しむ

なるほど〜と納得できる瞬間は、本当に嬉しいものですよね!

Aha体験をどんどん重ねて親子ともに学びを楽しんでいきたいですよね。

あまり手を出さない 『ハーバードの人生を変える授業』

困難から子どもたちを守ることは、短期間であれば子どもたちの人生をより快適にできても、結果的には、自信や失敗から回復する力、人生の意義を知ること、そして対人関係に関する大切なスキルを身につける機会を、子どもたちから奪っているかもしれないということです。

ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー だいわ文庫

私たちは子どもに何ができるのか

子どもたちのレジリエンス・やり抜く力、好奇心、自制心を育んでいきたいですよね。

\私たちは子どもに何ができるのか/
/非認知能力\

Keep Sharp – Dr. Sanjay Gupta

\Keep Sharp/
/Build a Better Brain at Any Age\

“SHARP BRAIN たった12週間で天才脳を養う方法”

レジリエンスの高い脳の高い脳を目指すなど、ぜひ手にしたい1冊です。

\SHARP BRAIN/
/たった12週間で天才脳を養う方法\

非認知能力の育て方

子どもたちの非認知能力を育んでいきたいですよね。

\非認知能力/
/5つの知識\

自己肯定感の教科書

言葉の力を味方につけて子どもたちの自己肯定感を上げていきたいですよね。

\何があっても「大丈夫。」と思えるようになる/
/自己肯定感の教科書\

生きづらい時代と自己肯定感

「自分が自分であって大丈夫」と思えたら生きやすくなりますよね!

\生きづらい時代と自己肯定感/
/高垣忠一郎\

「子どもにまかせる」育て方

子どもたちを尊重して、子どもたちに任せていきたいですね!

\Self-Driven Child/
/脳科学が教える「子どもにまかせる」育て方\

10代から知っておきたい あなたを閉じ込める 「ずるい言葉」

「ずるい言葉」は使わないようにしたいですよね。

\10代から知っておきたい/
/「ずるい言葉」\

天才を育てた親はどんな言葉をかけていたのか?

エジソン、アインシュタイン、本田宗一郎、ゲーテ、ベンジャミン・フランクリン、渋沢栄一、ユング、チャーチル、ダーウィン。。。

学校になじめなかったり、他人と同じようにできなかったり、進路に悩んだり、難題にぶつかったりといった悩みをもった際に、天才たちは、どんな言葉をかけられて育ったのでしょうか。

\天才を育てた親はどんな言葉をかけていたのか?/
/真山知幸・親野智可\

育児と教育について〜子供の身体と才能を育てる

子供たちの身体と才能を伸ばしてあげたいですよね。

ブログに寄っていただき、ありがとうございました。

Take care!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました