読書:「ハーバードの人生を変える授業」の感想【イギリス生活・コロナ禍】

ライフスタイル

新型コロナウィルスの影響でロックダウンに入り、自宅で過ごす時間が長くなったので、読書をしたり、映画を観たりする時間が長くなりました。

今回はロックダウン中に読み返した「ハーバードの人生を変える授業」をご紹介したいと思います。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活 約30年。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

ハーバード大学の講義のエッセンスが1冊の本に凝縮されている

「幸せ」についての研究をされているタル・ベン・シャハー氏がハーバード大学で受け持たれているポジティブ心理学の授業のエッセンスが1冊の本にまとめられています。

今すぐ実践できること
  • 感謝する
  • 習慣化する
  • 運動をする
  • プロセスを楽しむ
  • 完璧主義を手放す
  • 感情を味わう
  • 自分に優しくする

すぐに実践しやすいヒントが散りばめられています。

\Even Happier/
/Tal Ben-Shahar\

幸せな気持ちになるためにできること

悲しみや苦しい気持ちを経験するということは当たり前だと受け入れる

家族や友人と時間を過ごすこと

運動すること

感謝すること

全てをシンプルにすること

Five Ways to Become Happier Today

Tal Ben-Shaharさん、習慣化の大切さについて

1年の抱負を全て実現できるかどうか、と朝起きて歯磨きをすることができるかどうかの違いは何か。

習慣化できるかどうか、ということ。

Be Happier: How to Enjoy Lasting Change with Tal Ben-Shahar. Happiness & Its Causes 2016

Gratitude Journal、感謝ノート

我が家でも夜ご飯中や寝る前に1日で楽しかったことについて話をするようにしているのですが、日々、感謝したいと思えることについて考える時間はとても貴重だと感じています。

\Even Happier/
/A Gratitude Journal for Daily Joy and Lasting Fulfillment\

偉業を観察する

ランガー教授はこう言います。

「誰かが何かをどうやって達成したかをじっくり検証してみると、彼らは本当に苦労しているし、自分たちもそこまでやればなんとかできるのではないかと思えるようになる。」

ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー

子どもたちにも伝えていきたいメッセージ

仕事や子育てにも活かすことができるヒントがあり、子どもたちにも伝えていきたいメッセージが詰まいるので、これからも折に触れて読み返したい1冊です。

7つの習慣

子どもたちには「7つの習慣」もぜひ読んでもらいたいと思っています。

\7つの習慣/
/自分を変えるレッスン\

運がいい人になるための小さな習慣

小さな習慣を積み重ねて成長していくことができたらいいですよね!

\運がいい人になるための小さな習慣/
/世界の成功者が実践するたった1分のルール\

ブログに寄っていただきまして、どうもありがとうございました。

Take care!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました