【おうち英語・絵本】感情のキーワード・おすすめ12選

感情の絵本Books

今回は感情についての絵本を集めてみました。

大人が読んでも素敵な絵本ばかりなので、ぜひお子さんと一緒に楽しんでくださいね!

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活26年目。英国駐在中

 ✅元英文記者。外務省の担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳から社会人までの英語講師経験

感情を表すキーワード

感情を表すキーワードをいくつかピックアップしてみました。

今の気持ちはどんな気持ちですか?

happy   upset    sad     scared     confused   
afraidhurtangrycheerfulsilly
crossmadshycuriousloved
gladthankfulexcitedpleasedjoyful
bravepeacefulencouragedmotivatedinspired
creativerelaxeddelightedoverjoyedthrilled
感情を表すキーワード

絵本 “The Feelings Book”

いろいろな気分、感情になることがあるよね。

寂しいと感じることもあれば、踊りだしたくなる時もある。

自分一人で抱え込まないでね、という素敵なメッセージの込められたおすすめの1冊です!

絵本とあわせてフラッシュカードも活用できたらいいですよね!

絵本 “Glad Monster, Sad Monster”

色々な色のモンスターが登場します。

黄色いモンスター、

青いモンスター、

ピンクのモンスター。。。

黄色いモンスターは

嬉しい感情について語ってくれます。

あなたも黄色いモンスターのお面をつけてみて!

どんな時に嬉しい気持ちになるかなぁ〜?

お子さんと感情について楽しく語ることができるおすすめの1冊です!

絵本 “The Very Cranky Bear”

機嫌の悪いクマさん。機嫌をよくしてもらう方法を考えるシマウマさん、ヘラジカさん、ライオンさん、そしてヒツジさん。

シマウマさんは、クマさんをシマシマ模様にしたら喜んでもらえるのでは、ヘラジカさんはクマさんにツノを、ライオンさんはクマさんにたてがみをプレゼントすることを考えます。

クマさんはそれでもまだ怒っています。クマさんは、ただ気持ち良く寝たいだけなのです。そこでヒツジさんはあることを思いつきます!

自分にはできることが何もない、と考えてしまうことがあるかもしれませんが、そんなことはありません!

お友達がどうしたら喜んでくれるか、考えるきっかけになる1冊です。

絵本 “Don’t Think About Purple Elephants”

夜寝る時に心配なことがあると

What if… (もしもこうなってしまったら。。。)と考え始めて

眠れなくなってしまうことがありますよね。。。

そんな時は

『紫色のぞうさんのことは考えちゃダメ!』

次眠れなくなったら

紫色のぞうさんについて考えてみたら

ぐっすり眠れそうな気持ちになる素敵な絵本です!

絵本 “The Huge Bag of Worries”

1つ心配なことがあると、次から次に心配事が膨れ上がることがありますよね。。。

誰にも話せずにいると、その心配がさらにおおきくなってしまい、抱えきれなくて辛くなりますよね。。。

そんな時にはどうしたらいいか教えてくれるとても素敵な絵本です。

絵本 “The Quiet Book”

静かな時間について。

静かな時間といっても色々な静けさがありますよね。

かくれんぼをしている時、

水中を泳いでいる時、

コンサートが始まる前の静けさ。

静かな時間の中にも

色々な感情があることを改めて考えさせられます。

素敵な1冊です!

絵本 “My Many Colored Days”

色々な気分の日があって、

1日の中でも色々な感情を抱くけれど

それも全部ひっくるめて私!

大人気のDr. Seussの絵本は

大人になってから読んでもやっぱり素敵です!

絵本 “I Say Ooh You Say Aah”

「私がOohって言ったら、あなたはAahって言ってね!」

「赤い色をみたらあたまを撫でてね」など、子供達と一緒に盛り上がることができます。

お子さんが元気なかったり、落ち込んでいたりしたらぜひ読みたい1冊です!絵本を読み終える頃にはゲラゲラ笑うことができていると思います!

絵本 “The Worrysaurus”

食べ物は足りるかな。。。

飲み物は十分かな。。。

迷子になってしまったら。。。

嵐になったら。。。と

考え出してしまうと不安になってしまう恐竜のWorrysaurus。

そんな時は、不安な気持ちを追い払おう!

イラストも可愛らしく、読み終えた時には自然と笑顔になる素敵な1冊です。

絵本 “You Matter”

まわりのみんながとても忙しそうにしていて、手を差し伸べてくれるような状況でなくても。。。

どうしていいか分からずに、孤独だと感じることもあるかもしれない。。。

どんな状況でも『あなたは大事な存在なのよ』と繰り返し、優しく伝えてくれる絵本です。

絵本 “I Am Every Good Thing”

子供達1人1人の計り知れない可能性について改めて感じることができるとても素敵な絵本です。

自信をなくしてしまったり、落ち込んでしまったりした時に読むと、元気が湧いてくると思います。

絵本 “What Happens Next?”

人は死んだあとどうなるんだろうか?

誰しも考えることがあると思います。

大人もとても考えさせられる素敵な絵本です。

絵本の世界に入り込む

読書を通して、様々な登場人物の気持ちや体験を疑似体験できることは大きな魅力ですよね。

絵本の世界に入り込むと、登場人物に感情移入して、

喜びや悲しみを共有することを学びます。

この経験が「共感して聴く力」を育てます。

世界標準の子育て ダイヤモンド社 船津徹

Gross National Happinessについて

最後に、通訳者の新崎隆子さんがご著書の中で触れられていた国民総幸福について、触れさせていただきたいと思います。

中央アジアの国ブータンの国是は”Gross National Happiness(国民総幸福)”だ。どんなテーマの会議でも、ブータンの代表は必ず「Gross National Product (国民総生産)ばかりではなく、本当に人間の幸せを考えたGNHを基準にこれからの世界のあり方を議論しなければならない」と主張する。

(中略)

大切なのは自分にとってのGross Happiness。幸福は心の中にある。それは絶対にわたしのものだ。

通訳席から世界が見える 筑摩書房 新崎隆子

子供たちと一緒に考えていきたいテーマですよね。

Enjoy!

あみ

追伸:ガストンのきぶんをととのえるえほんシリーズ

こちらは日本語の絵本ですが、ガストンの気分を整えてくれる絵本シリーズです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました