【おうち英語・絵本】ありがとうと感謝がテーマのおすすめ7選

Books

今回は『ありがとう』という感謝の気持ちをテーマにした絵本を集めてみました。

Thanksgiving Day(感謝祭)の機会に『ありがとう』の絵本を読むのも素敵ですよね。

カナダのThanksgiving Dayは10月第2月曜日、アメリカのThanksgiving Dayは11月の第4木曜日。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活26年目。英国駐在中

 ✅元英文記者。外務省の担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳から社会人までの英語講師経験

絵本 “Llama Llama Gives Thanks”

食事に感謝、青空に感謝。

1年中、感謝したいものがありますが、

特に11月のThanksgiving(感謝祭)の前にぜひ読みたい1冊です。

とてもシンプルな表現で綴られているので、

初めての英語の絵本にもおすすめです。

絵本 “Thank You, Omu!”

夜ご飯のためにシチューを作ったOmuのお話です。

シチューの良い香りに誘われて、街中の人々が1人また1人とやってきます。

多めに作ったので、Omuはみんなに少しずつ分けることにしました。

夜ご飯の時間になるとOmuの分のシチューは残っていませんでした。

するとまたトントンとドアを叩く音がします。

分かち合うことはとても素敵なことだと改めて感じることができる絵本です。

絵本 “Bear Says Thanks”

クマさんが

食料庫を開けると、

食べ物が何もありません。

ところが、

美味しそうな食べ物を手に

お友達がどんどん集まってきます。

みんな美味しい食べ物を持ってきてくれたのに。。。というクマさん。

そんなクマさんにお友達はどんな言葉をかけるでしょうか。⬇️

絵本 “The Magic Fish”

漁師さんがある日、魔法の魚を釣りました。

その話を聞いた漁師さんの妻。

魔法の魚に1つ、2つ、3つ、

願い事を叶えてもらいました。

どんどんエスカレートしていく願い事に

魔法の魚は願い事を叶えてくれるでしょうか?⬇️

絵本 “Thankful”

✅記者

✅医師

✅市長

✅消防士

✅ダンサー

✅シェフ

色々な職業の人がどんなことに感謝しているのかが分かる、

とても素敵な1冊です。⬇️

絵本 “Last Stop on Market Street”

CJ君とおばあちゃんとの会話を通してどんな状況も、視点を変えてみることの大切さについて教えてくれるとても素敵な絵本です。

ある一方の面から見えた景色を別の視点から眺めると素敵に見えたり、感謝の気持ちが湧いてくることを改めて実感することができる1冊です。

絵本 “Thank you, Mr. Falker”

文字数が多い絵本なのですが、

実話をもとにしたお話です。

文字をなかなか読むことがなかなかできなかった

女の子のお話。

ある先生との出逢いがきっかけで、

その女の子は将来。。。

とても素敵な絵本なので、機会があったらぜひ!

Gratitude Journal

日々、感謝していることについて日記形式で記すのも素敵ですよね。

絵本を通して共感性を育む

絵本を通して、様々な感情を疑似体験できるのはとても大きな魅力ですね。

絵本を読みながら子どもの心の動きを察知して

「悲しいね」「嬉しいね」「痛かったね」などの言葉を加えて

「共感性」を高めてあげることも大切です。

世界標準の子育て ダイヤモンド社 船津徹

”どんなときも「ありがとう」といえる準備を”

最後に、京セラ、KDDIを設立された稲盛和夫氏のご著書から引用させていただきたいと思います。

なんまん、なんまん、ありがとう。子どもにもやさしく覚えやすい祈りの言葉。

(中略)

いつもこの言葉をつぶやくことで、だれに対しても、何についても、いいときはもちろん、悪いときもありがとうと感謝する心を涵養し、できるだけ正しく生きようと努めてきたつもりです。

(中略)

「ありがとう」といえる心を、いつもスタンバイさせておくことが大切なのです。

生き方 サンマーク出版 稲盛和夫

Enjoy!

ブログに寄っていただきまして、どうもありがとうございました。

図書館の洋書コーナー

絵本を購入する前に実際に読んでみたいと思われる方はぜひお近くの図書館の洋書コーナーをチェックしてみてくださいね!

気にいる絵本が見つかりますように!

ブログに寄っていただきまして、どうもありがとうございました!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました