【おうち英語】数字を覚える時におすすめな英語の絵本12選

数の絵本Books

今回はおうち英語キッズにおすすめの数の絵本を集めてみました!

まずは10までの数字をおさらいできる歌もご紹介したいと思います。

数字は時間や日にちなど生活する上であらゆる場面で必要になってくるので、きちんと覚えておきたいですよね。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活26年目。英国駐在中

 ✅元英文記者。外務省の担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳から社会人までの英語講師経験

英語で1から10まで覚えることができる歌 “Ten in the Bed”

OneTwoThreeFourFive
SixSevenEightNineTen
TwentyThirtyFortyFiftySixty
SeventyEightyNinetyOne HundredOne Thousand
Numbers
Ten In The Bed | Monkey Rhymes | Nursery Rhymes | children Songs

数字の木製パズルが大活躍

数を覚えるときに絵本とともに我が家で活用していたのは、木製のパズルでした。

木製のパズルはあたたかみがあり、長く愛用できる点が気に入っていました。

絵本 “Counting Creatures”

子供達も大好きだった絵本”The Gruffalo”の作家Julia Donaldsonさんの絵本です。

コウモリさんの赤ちゃんが1匹、子羊さんが2匹、レパードの赤ちゃんが3匹。。。

しかけ絵本になっていて、とにかくイラストが美しくて見惚れてしまいます。

絵本 “Who Stole the Cookies from the Cookie Jar?”

『クッキーを食べた犯人は誰かな?』

こちらの絵本はしかけ絵本になっていて、クッキーがひとつ、またひとつと減っていきます。今、クッキーはいくつあるかな?とお子さんと一緒に数えながら読み進めることができるとても楽しい1冊です。

絵本 “Bear and Hare: Where’s Bear?”

野うさぎさんとクマさんがかくれんぼをして遊ぶお話です。

とてもシンプルな文で書かれているので初めての英語の絵本にもおすすめです。

1〜10の数字の数え方を英語で覚えたら、野うさぎさんとクマさんが1〜10まで数える部分をお子さんに読んでもらうのも楽しいと思います!

絵本”One is a Snail Ten is a Crab”

1はカタツムリ。

2は人。

3は???

4は犬。

5は???

10はカニ!

とても楽しい数の絵本です。

絵本”Olivia Counts”

人気のOliviaシリーズの数の絵本。

ボールが1つ、リボンが2つ。。。

イラストがとても素敵な1冊です。

絵本”How Do Dinosaurs Count To Ten?”

恐竜はどうやって数えるの?

色々な恐竜さんが出てくるので、

恐竜好きなお子さんには特におすすめです!⬇️

絵本”1, 2, 3 to the Zoo”

『はらぺこあおむし』で有名な

エリックカールさんの絵本です。

数字と動物のみの絵本なのですが、

カラフルなイラストが

とても素敵な1冊です。

絵本”One Frog Sang”

可愛らしいカエルさんたちが

いっぱい登場する絵本です。

カエルさんが1匹、

そして2匹と現れます。

すると。。。

絵本 ”1 to 20, Animals Aplenty”

1から20までの数字を覚えながら、

fox-socks, goats-coats, pigs-wigsなどのライミングが楽しめる絵本です。

靴下をはいているキツネさん、カツラを被っているブタさんのイラストも楽しめる1冊です。

絵本 “The Ants Go Marching”

アリさん達が雨から逃れるために行進している様子を描いている絵本です。

リズミカルで繰り返しが多いので、とても読みやすいです。

最初はアリさんが1匹、から始まり、最後はアリさんが100匹行進している様子が描かれているので、掛け算の概念を導入するのにも最適な1冊です。

絵本 “Curious George Learns to Count from 1 to 100”

おさるのジョージシリーズの数字の絵本です。

ベッドが1つ、毛布が2枚、枕が3つ。。。

おさるのジョージと一緒に数字を覚えることができます。

絵本 “Let’s Count Goats!”

海辺にいるヤギさん。

飲み物を飲んでいるヤギさん。

食べているヤギさん。

いろいろなヤギさんが登場し、何匹のヤギさんがいるか数えながら読み進めることできます。

とてもリズミカルで、イラストも面白いので、お子さんと一緒に楽しむことができる1冊です。

絵本 “Fun with Roman Numerals”

ローマ数字について知ることができる絵本です。

ローマ数字の読み方を知るために足し算と引き算を覚えることもできるので、足し算や引き算も同時に覚えることができる1冊です。

例)XCIXは(C−X)と(X-I)なので、100−10と10−1、ということで99だということが分かります。

絵本 “The Boy Who Loved Math” 【数学者・Paul Erdos氏の生涯】

ハンガリー出身の数学者Paul Erdosさんの生涯について描いています。

ポール・エルデシュ氏は数と人が大好きで、世界中を飛び回り、数多くの数学者と共同研究を行いました。

数字、数学が身近に感じられるようになる1冊です。

ぜひ楽しんでくださいね!

Enjoy!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました