小学生がチャリティについて考え、関わる機会が豊富

Global KidsMy Kids

子供達が通ってきたオーストラリアのプリスクール、小学校、イギリスの小学校で素敵だと思った活動の一つに、チャリティについて考えたり関わったりする機会がとても豊富だということがあります。

小学校は普段、制服で通っているのですが、年に何回か私服で登校して良い日があり、その日は各自、寄付するお金を持参します。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活26年目。英国駐在中

 ✅元英文記者。外務省の担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳から社会人までの英語講師経験

Odd Socks Day

いじめ撲滅のためのチャリティのためのファンドレージングで左右ちぐはぐな靴下を履いて行く。

National Pyjama Week

脳に損傷などがある子供達のための募金活動として、パジャマで学校に登校。

Jeans for Genes Day

遺伝性疾患のあるお子さんのためのチャリティの募金活動の一環として、ジーンズを履いて登校。

Crazy Hair Day for Cystic Fibrosis

嚢胞性線維症の方のためのファンドレージングで、クレイジー・ヘアで登校。

クレージーヘアなので、髪の毛をカラフルに色付けしたり、飾りを付けたり、思い思いのヘアスタイルで登校します。

Go Blue! WaterAid

ウォーターエイドのために、青い洋服を着て登校。

まとめ

小学生の時から、チャリティ活動について考えたり関わったりするきっかけがあるのは、とても素敵なことですよね。

Take care!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました