読書:ぜひ読みたいと思っている本【イギリス在住TOEIC満点ママの英語学習】

英語

今回はぜひ読みたいと思っている本をリストアップしてみました。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活 約30年。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

Booker Prizeにノミネートされた本

Booker Prizeにノミネートされた本、ぜひ読みたいと思っています。

Oliver Twist – Charles Dickens

Why should you read Charles Dickens? – Iseult Gillespie
\Oliver Twist/
/Charles Dickens\

The Joy Luck Club – Amy Tan

Why should you read “The Joy Luck Club” by Amy Tan? – Sheila Marie Orfano
\The Joy Luck Club/
/Amy Tan\

One Hundred Years of Solitude – Gabriel Garcia Marquez

Why should you read "One Hundred Years of Solitude"? – Francisco Díez-Buzo
\One Hundred Years of Solitude/
/Gabriel Garcia Marquez\

Beloved – Toni Morrison

Why should you read Toni Morrison’s “Beloved”? – Yen Pham
\Beloved/
/Toni Morrison\

Mrs Dalloway – Virginia Woolf

Why should you read Virginia Woolf? – Iseult Gillespie
\Mrs Dalloway/
/Virginia Woolf\

Marian Keyesさんの小説

Marian Keyesさんのインタビューを観て、ぜひ読んでみたいと思っています。

\The Break/
/Marian Keyes\

Jane Goodallさんの”The Book of Hope”

動物行動学者のJane Goodallさんのインタビューを伺い、ぜひ読みたいと思っております。

\The Book of Hope: A Survival Guide for Trying Times/
/Jane Goodall\

“This Much is True”

Harry PotterのProfessor Sprout役などを演じているMiriam Margolyesさんのご著書。

ポッドキャストでmiriamさんのお話を伺って、ぜひ読んでみたいと思っている1冊です。

\This Much is True/
/Miriam Margolyes\

Greek Myths

\Greek Myths/
/Charlotte Higgins\

The Lion Above the Door

息子用に購入した本なのですが、私もぜひ読みたいと思っています。

(→読み終えました。第2次世界大戦中に国のために戦った多くの方々について、人種問題について、考えるきっかけになる1冊です。)

\The Lion Above the Door/
/Onjali Q. Rauf\

How to Stand Up to a Dictator: Maria Reesa

こちらの本は2022年に発売される予定だそうですが、2021年のノーベル平和賞を受賞されたフィリピンのジャーナリスト、Maria Ressa(マリア・レッサ)さんのご著書もぜひ読みたいと思っています。

\How to Stand Up to a Dictator/
/Maria Ressa\

Vincent and Theo

ゴッホと弟のテオの兄弟の絆について描いた本です。

\Vincent and Theo/
/The Van Gogh Brothers\

“Because of You”

Comedy Queen Dawn French Says Going To Seven Different Schools Sharpened Her Skills

とても気になっている1冊です。

\Because of You/
/Dawn French\

“The Power of Geography”

大英博物館のショップで見かけ、気になっている1冊です。

\The Power of Geography/
/Ten Maps that Reveal the Future of Our World\

The High 5 Habit

著者の方が出演されているポッドキャストを聞いて、気になっている本です。

\The High 5 Habit/
/Take Control of Your Life with One Simple Habit\

“They Both Die at the End”

娘が読んでいて気になっている本です。

\They Both Die at the End/
/Adam Silvera\

絵本 “Dreamers”

こちらは絵本ですが、気になっている1冊です。

\Dreamers/
/Yuyi Morales\

“Kira-Kira”

ぜひ読みたいと思っている1冊です。

\Kira-Kira/
/Cynthia Kadohata\

“No Way Out”

冬休み中に読もうと思っている1冊です。

\No Way Out/
/Cara Hunter\

“The Aftermath”

映画”The Aftermath”の見終えた後に、小説がもとになっていることを知りました。

\The Aftermath/
/Rhidian Brook\

“Far From the Madding Crowd”

こちらも映画を先に観たのですが、原作も気になっています。

\Far From the Madding Crowd/
/DVD\

“Far From the Madding Crowd”

\Far From the Madding Crowd/
/Thomas Hardy\

“I Will Always Write Back: How One Letter Changed Two Lives”

本についての動画を観て、気になっている1冊です。

\I Will Always Write Back/
/How One Letter Changed Two Lives\

“Girl, Woman, Other”

Bernardine Evaristoさんについての番組を観てぜひ読みたいと思っています。

\Girl, Woman, Other/
/Bernardine Evaristo\

“Manifesto”

\Manifesto/
/Bernardine Evaristo\

“Friend Request”

子どもたちが読んでいて、気になっています。

\Friend Request/
/Laura Marshall\

“The Baghdad Clock”

クラブハウスでバグダッド在住の方とお話する機会があり、バグダッドについて調べ始めて気になった1冊です。

\The Baghdad Clock/
/Shahad Al Rawi\

“Alias Anna”

実話にもとづいているとのことで、気になっている1冊です。

\Alias Anna/
/A True Story of Outwitting the Nazis\

“Betrayal in Berlin: The True Story of the Cold War’s Most Audacious Espionage Operation”

冷戦中にスパイとして活動していたGeroge Blake氏についてのドキュメンタリーを観たので、気になっている1冊です。

\Betrayal in Berlin/
/The True Story of the Cold War’s Most Audacious Espionage Operation\

“The Art of Freedom: A Brief History of the Kurdish Liberation Struggle”

トルコ生まれのクルド人政治家・革命家のアブドゥッラー・オジャラン(Abudullah Ocalan)氏についての記載など、とても興味深く拝読しました。

\The Art of Freedom/
/A Brief History of the Kurdish Liberation Struggle\

“The Book Thief”

第2次世界大戦中のドイツが舞台の小説で、小説をもとにした映画の方を先に観ました。

\The Book Thief/
/Markus Zusak\

「やさしい本泥棒」

\The Book Thief/
/Blu-ray\

ブログに寄っていただきまして、どうもありがとうございます。

Take care!

あみ

絵本 “二番目の悪者”

最後に、こちらは日本語ではありますが、こちらの絵本も気になっています。

\二番目の悪者/
/林 木林\

コメント

タイトルとURLをコピーしました