英語学習・多読:難民問題がテーマのおすすめ児童書・絵本【イギリス在住TOEIC満点ママ】

Global Kids英語

6月20日は世界難民の日(World Refugee Day)だそうです。今回は難民問題について考えるきっかけになればと思い、息子にすすめた本”The Boy at the Back of the Class”について書きたいと思います。

難民問題だけでなく、友情や家族について、また自分は具体的に何ができるのか、について考えるきっかになります。

また難民問題について描いた絵本もご紹介したいと思います。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活 約30年。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

“The Boy at the Back of the Class”

There used to be an empty chair at the back of my class, but now a new boy called Ahmet is sitting in it.

He’s nine years old (just like me), but he’s very strange. He never talks and never smiles and doesn’t even like lemon sherbets, which are my favourite!

But then I learned the truth: Ahmet isn’t strange at all. He’s a Refugee who’s run away from a War. A real one. With boms and bullies that hurt people. The more I find out about him, the more I want to help.

“The Boy at the Back of the Class”の背表紙より
Onjali Q Raúf reads from The Boy at the Back of the Class

作者Onjali Q Raufさんのインタビュー

Onjali Q Raúf – Winner of the Waterstones Children's Book Prize 2019

Onjali RaufさんのTEDトーク

Why children are our most powerful hope for change | Onjali Rauf | TEDxLondonWomen

難民問題について考える質問

本を読んで親子で難民問題について考えるきっかけに。

難民問題について考えるきっかけになる質問
  • Have you met a Refugee Kid?
  • Have you ever read any newspaper stories about refugees or heard grown-ups speaking about them?
  • What do you think should be done to help stop the refugee crisis – and who would you ask to help?

など、難民問題について親子で考えるきっかけになる質問が掲載されています。

5000キロ逃げてきたアーメット

“The Boy at the Back of the Class”の日本語にも訳されていました。

邦訳は『5000キロ逃げてきたアーメット』でした。

作者 Onjali Q. Raufさんの他の作品

Interview with Onjali Q. Raúf

絵本 “Counting Kindness”

難民として新しい土地に渡る家族について描いています。

私たちにはどんなことができるのか、と考えるきっかけになる絵本です。

小さいお子さんと難民問題について初めて話す際におすすめの1冊です。

\Counting Kindness/
/Ten Ways to Welcome Refugee Children\

絵本 “My Name is Not Refugee”

初めて難民問題について考える際に手にしたい絵本です。

What would you take?

How far could you walk?という問いかけがあるので、自分だったらどうするだろうか?と考えるきっかけになる1冊です。

\My Name is Not Refugee/
/Kate Milner\

絵本 “How I Learned Geography”

戦火を逃れて新しい地で生活を始めた親子のお話です。おもちゃも本も持っていませんでした。そして食べ物もあまりありませんでした。

ある日、パンを買いに行ったお父さんがやっと帰宅したと思ったら手には1枚の地図のみで、パンはどこにもありませんでした。。。

翌朝、お父さんが地図を壁にかけてくれて、ぼくの想像力は膨らみ、見知らぬ土地での旅を楽しむことができ、空腹をも満たしてくれました。

絵本 ”The Journey”

“The Journey”は戦争を逃れて長い旅をするお母さんと子供達を描いています。

子供達と一緒に難民問題について考えるきっかけになります。

素敵なイラストも魅力的な絵本です。

絵本 “The Suitcase”

ある日、とても変わった生き物が大きなスーツケースを持って現れました。その生き物はとても疲れていて、悲しげで、何かに怯えているように見えました。

スーツケースの中身を聞くと、ティーカップが入っているとのこと。大きなスーツケースにティーカップ?椅子もテーブルなども入っているとのこと。

その生き物は『とても眠くて。。。』と言いながら、眠ってしまいました。

彼の言っていることは本当なのでしょうか?

他の動物たちは彼が眠っている間にスーツケースを開けてみることにしました。

中身を見てみると。。。

動物たちは自分たちができることを考え、行動します。

とても心あたたまる素敵な絵本です。

児童書 “No Ballet Shoes in Syria”

Royal Opera Houseのショップで見かけ、息子用にどうかなぁ〜?と思っていたのですが、息子に聞いてから購入しようと思って購入せずに帰宅したところ、学校の授業中に読むことになったそうです。

Catherine Bruton introduces No Ballet Shoes in Syria
\No Ballet Shoes in Syria/
/Catherine Bruton\

児童書 “Other Words for Home”

こちらの児童書もシリア出身の女の子が主人公のお話で、息子にすすめてみようと思っています。

\Other Words for Home/
/Jasmine Warga\

Yeonmi Parkさん

最後に北朝鮮からの難民の支援をされている活動家のYeonmi Parkさんの動画をご紹介したいと思います。

What I learned about freedom after escaping North Korea | Yeonmi Park

ブログに寄っていただきまして、どうもありがとうございました。

Take care!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました