【英語学習】辞書の活用法、単語を楽しく覚えていくゲーム

単語ゲーム英語

分からない単語があった時、パソコンや携帯に単語を打ち込めば、一瞬のうちに単語の意味が分かるので、わざわざ辞書を引く回数は減っているかもしれません。

でも辞書に親しむことができると、普段何気なくつかている単語の意味がより深く理解できたり、気になっていた単語が目に入ったりすることで、語彙数が飛躍的に伸びると思います。

子供たちだけではなく、年齢は関係なく楽しみながら辞書に親しむことができると思いますので、よかったらぜひ試してみてくださいね。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活26年目。英国駐在中

 ✅元英文記者。外務省の担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳から社会人までの英語講師経験

辞書で英語のしりとり

1人でも複数の人数でも遊ぶことができます。

まず辞書を用意します。

辞書のどの部分から始めてもいいのですが、例えばappleから始めます。

appleの最後の文字がeなので、

次の人はeから始まる単語を探します。➡️elf

elfの最後の文字がfなので、

次の人はfから始まる単語を探します。➡️forest

分からなかった単語は単語帳に記入していきます。

中学生に英語を教えていた時、クラスを2つのチームに分けて、例えば5分または10分でそれぞれのチームがいくつの単語を書き出せるかをチーム対抗戦に。

5分または10分が終わった時点で、それぞれ完成したしりとりを発表してもらいました。

時間を区切って対抗戦にすると、とても盛り上がりました。

発表してもらうことによって、新しい単語に触れられる、というメリットもありました。

1人でする時にも例えば5分だけ、と時間を設定して取り組むといいと思います。

辞書を使った遊び〜できるだけ多くの単語を書き出していくゲーム

遊び方

辞書を適当な場所で開く。

そのページにある1番長い単語を探す。

子供の辞書のdのページを開いたところ、disel engineという単語が出てきました。

diesel engineの単語を使って、どんな単語ができるか考えていきます。

diesel

engine

den

dig

gin

end

send

lend

line

などなどいろいろと単語を書き出すことができます。

複数人で遊ぶ場合は時間を区切ってチーム対抗戦にすると楽しめると思います。

初めての辞書は手に取りたくなるものを!

初めての辞書はイラストが豊富で辞書を眺めたくなるようなものがおすすめです!

Oxford Dictionaries: helping children with their reading and writing

語彙を増やしたい場合には類語辞典がおすすめ

子供達はオーストラリアで小学校生活を始めたのですが、小学校に入学する時に辞書とあわせて類語辞典を購入することになりました。類語辞典は語彙を増やすのにとても役立つので、1冊あるととても便利だと思います。

辞書編集者のKory Samperさんが好きな言葉

Lexicographer Kory Stamper Shares Her Favorite Words

Enjoy!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました