おうち英語・英単語|辞書で遊ぶ、しりとりゲームなど【イギリス在住TOEIC満点ママ】

単語ゲーム英語

分からない単語があった時、パソコンや携帯に単語を打ち込めば、一瞬のうちに単語の意味が分かるので、わざわざ辞書を引く回数は減っているかもしれません。

でも辞書に親しむことができると、普段何気なくつかている単語の意味がより深く理解できたり、気になっていた単語が目に入ったりすることで、語彙数が飛躍的に伸びると思います。

子供たちだけではなく、年齢は関係なく楽しみながら辞書に親しむことができると思いますので、よかったらぜひ試してみてくださいね。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活 約30年。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

辞書で英語のしりとり

あみ
あみ

1人でも複数の人数でも遊ぶことができます!

まず辞書を用意します。

辞書のどの部分から始めてもいいのですが、例えばappleから始めます。

appleの最後の文字がeなので、

次の人はeから始まる単語を探します。➡️elf

elfの最後の文字がfなので、

次の人はfから始まる単語を探します。➡️forest

分からなかった単語は単語帳に記入していきます。

中学生に英語を教えていた時、クラスを2つのチームに分けて、例えば5分または10分でそれぞれのチームがいくつの単語を書き出せるかをチーム対抗戦に。

5分または10分が終わった時点で、それぞれ完成したしりとりを発表してもらいました。

時間を区切って対抗戦にすると、とても盛り上がりました。

発表してもらうことによって、新しい単語に触れられる、というメリットもありました。

1人でする時にも例えば5分だけ、と時間を設定して取り組むといいと思います。

辞書を使った遊び〜できるだけ多くの単語を書き出していくゲーム

遊び方

辞書を適当な場所で開く。

そのページにある1番長い単語を探す。

子供の辞書のdのページを開いたところ、disel engineという単語が出てきました。

diesel engineに使われているアルファベットを使って、どんな単語ができるか考えていきます。

diesel

engine

den

dig

gin

end

send

lend

line

などなどいろいろと単語を書き出すことができます。

複数人で遊ぶ場合は時間を区切ってチーム対抗戦にすると楽しめると思います。

付箋に英単語を書いて行き、辞書に貼っていくゲーム

付箋に単語を書き出していきます。

例えばAfghanistan, Bangladesh, Cambodia, Denmark, Finland, Hungary, Italy, Malaysia, New Zealand, Polandなどの国名を記載し、辞書でその単語を調べ、単語の横に付箋を貼っていきます。

あらかじめ時間を決め、チーム対抗でどちらのチームが多くの単語を調べることができたかを競うとさらに盛り上がると思います。

初めての辞書は手に取りたくなるものを!

初めての辞書はイラストが豊富で辞書を眺めたくなるようなものがおすすめです!

語彙を増やしたい場合には類語辞典がおすすめ

子供達はオーストラリアで小学校生活を始めたのですが、小学校に入学する時に辞書とあわせて類語辞典を購入することになりました。類語辞典は語彙を増やすのにとても役立つので、1冊あるととても便利だと思います。

例えばformalを類語辞典で調べてみます。

formalの類語
  • established
  • official
  • ceremonial
  • ritual

Formalの意味だけでなく、類語の意味も一緒に知ることができるので、とても便利です!

ぜひ活用してみてくださいね。

進み具合を「見える化」する 石倉洋子さん

英単語を覚えるのはとても地道な作業ですよね。

石倉洋子さんがご著書の中で、進捗具合の「見える化」が大事だと話されています。

毎日の地道な活動を続けるためにもっとも良い方法は、自分で進み具合が見える、成果が見える、と感じるように「見える化」することです。明らかに英語や数字を使う力がついている、ITやバイオの知識が増えている、ニュースになっている各種の問題を多面的に考え、核心をつかむのが速くなった、自分の仕事に関連することでも多数の解決案から良いものが選べるようになったなど、手ごたえが感じられると、やる気が出て、活動を続ける大きなインセンティブになります。

グローバルキャリア ユニークな自分の見つけ方 石倉洋子 東洋経済新報社

1週間に英単語を50単語覚えることを見える化する

英単語を覚える際に、例えば1週間に50単語覚えると決めたとします。

月曜日から覚え始め、金曜日に50単語を振り返る。覚えることができなかったものを週末に復習する。

1週間で50単語、2週間で100単語を覚えることができたと、しっかり数値化することで、モチベーションが高まるので、とても効果的だと思います。

辞書編集者のKory Samperさんが好きな言葉を紹介

Enjoy!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました