『瞬間英作文』をフル活用する【イギリス在住TOEIC満点ママの英語学習】

英語の勉強法英語

家にある参考書をうまく活用できていない、という悩みについて聞くことがあるので、今回は積読状態になっている参考書の活用方法について書いてみたいと思います。

今回はベストセラー商品『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を例に、自宅にある参考書をどんな風に活用できるかをご紹介したいと思います。

あみ
あみ

まずは、サイト運営者「あみ」の紹介を簡単に

 ✅海外生活 約30年。イギリス在住

 ✅元英文記者。外務省担当も

 ✅TOEIC満点、J-Shine資格あり

 ✅子ども2人は南半球生まれ

 ✅0歳~社会人の英語講師経験

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を徹底的に活用する

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』の練習としての活用はもちろんのこと、折角家にあるならば、徹底的に活用したいですよね!

例えば、質問の箇所を徹底的に活用してみましょう!

What time…?
65ページに記載されている質問
  • What time is it now?
  • What time is it in Tokyo now?
  • What time is it in your country now?

話す相手がいれば、相手に質問を投げかけてみる

もしも話す相手がいれば、実際に質問をする。

オンラインレッスンを受講していれば、オンラインレッスンの時に実際に質問をする。

もしも話す相手がいなければ、ノートに質問を書いて、自分の答えを記載していく。

\どんどん話すための瞬間英作文トレーニング/
/ベストセラー商品\

例文を記憶に残りやすいように書き換える

例文を自分が使えるようにアレンジすることによって、実際にすぐ使えるフレーズになります。

文章を書き換える
135ページに記載されている例文
  • I haven’t seen him since Monday.
  • My father has been busy since last week.

しばらく会っていない人のことを思い浮かべ、

I haven’t seen him since Mondayを

例えばI haven’t seen Misaki since January.と書き換える。

My father has been busy since last week.を

例えばI have been busy since Tuesday.と自分のことに置き換える。

Canを使った文章

Canを使った文章(72ページ)を思いつくまま、書き出してみる。

Can he drive?

Can we park here?

Can she play the piano?

Can they come over next week?

Where can we buy those books in Tokyo?

質問力を磨く

円滑なコミュニケーションに欠かせないのが質問力!

相手のことをより深く知ったり、また知識を深めることができるので、どんどん質問力を磨いていきたいですよね。

「英語を子どもに教えるな」(市川力氏の著書)にも英語を効果的に使うためには以下の力が必要だと記載されており、共感しました。

1)注意深く聞く力

2)質問する力

3)本を読み取る力

4)鋭い感性

5)自分で判断し選択する力

\英語を子どもに教えるな/
/市川力\

類語辞典を活用する

I want you to be happy.(161ページ)というセンテンスの中のhappyを類語時点で調べ、happyの類語を調べてみる。

Happyの類語
  • cheerful
  • contented
  • good-humoured
  • pleased
  • glad
  • delighted
  • thrilled
  • overjoyed
\類語辞典/
/Children’s Illustrated Thesaurus\

How many languages are there in the world?

How many languages are there in the world?(77ページ)という質問に関して、実際にリサーチをしてみる。

\どんどん話すための瞬間英作文トレーニング/
/ベストセラー商品\

CDを活用してディクテーション・シャドーイングの練習をする

コミュニケーションにおいてまずはきちんと聞くことが大事になりますよね!

CDを活用してディクテーションとシャドーイングの練習をしましょう!

\人は聞き方が9割/
/永松茂久\

ブログに寄っていただきまして、どうもありがとうございます。

Take care!

あみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました